ばか犬クンの野球観戦日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

観劇

観劇「2.8次元」

久しぶりのラッパ屋ですが
いいですね~安定のラッパ屋。
ラッパ屋

いつ観ても面白いです!

飼い主より

観劇「アミとナミ」

桃唄309を久しぶりに観てきました。
ハンセン病をあつかっているというので
興味があったのですが、ちょっとつかみどころがない?
ん~。でも、機会があれば観に行きたいですね。

飼い主より

観劇「wakasagi-ワカサギー」

以前観劇時にもらったフライアーで
ちょっと気になって行ったのですが。。。
stage_82048

コレは私にはムリでした。冒険すると
ちょっと自分には理解不能な舞台も観ちゃうのよね〜。
若者とかアニメファンに人気な劇団のようでした。

飼い主より

観劇「ボッコちゃん」

星新一のショートショートは大好きなので
ちょっと観に行って来ました。
stage_80519

ん〜原作に沿っていて「ボッコちゃん」他
いくつかの作品の舞台化、面白いのだけれど
なんだろう…面白いのにもの足りない?
原作への愛が強すぎたかしら

飼い主より

観劇「獣の柱」

初めてのイキウメの舞台にチャレンジです。
大人気との噂?でしたが、ふつーにチケットは
買えて良かったです。

stage_80609

ファンタジーな?出来事が日常生活に
入り込んでくるのがなんだか自然で妙にリアル?
いや~内容はある意味荒唐無稽なのに
あの映画未知との遭遇みたいに受け入れてしまう
これって作家がうまいのかな?
また機会があったらイキウメ観たいですね。

飼い主より

6月の計画 飼い主編

今月もやや多め?

【観劇】
イキウメ「獣の柱」
「ボッコちゃん」
「wakasagi-ワカサギー」
「アミとナミ」
ラッパ屋「2.8次元」
「methods」
「過妄女」
六月大歌舞伎 昼の部「石切」「封印切」
岸惠子トークライブ

飼い主より

観劇「ご馳走」

面白かったけれど…。
ん~どうだろう。
gochiso-flyer-omte

飼い主より

観劇「Taking Sides」

「偉大なる指揮者フルトヴェングラーはナチスの協力者なのか?」
という戦争裁判を題材にした舞台です。
105-1a

飼い主より

観劇「山の声」

「埒もなく~」を観てチケット買っちゃた!
で観に行って良かったかな。
yama_top_488

独りで登山するとさびしくて、グループで山登りしている
人たちに混じりたくなるけれど、仲間にはなれない。
この感じ?誰もが体験する葛藤ですね。

飼い主より

観劇「埒もなく汚れなく」

劇作家の創作ってどんな感じかな?なんて
そんな興味から観に行った舞台でした。
rachi_top_488

終演後には「山の声」を観たいと思ってしまった。
うーん、すっかりワナにはまった感じ?でした。

飼い主より

観劇「木の上の軍隊」

普天間かおりさんを観たくってね。
stage_80580
私、こまつ座のファンでは
なかったのですけれど。
初めてのこまつ座わりと好きかも?

飼い主より

観劇「壁の中の妖精」

一人ミュージカルを初めて観ました
stage_80370

長年上演されているだけに
練り上げられている素晴らしい舞台でした。

飼い主より

観劇 新作CLASSICS「罰」

悪夢の?十連休の最終日は狂言でした。
他に外出はなく自宅待機でした。

さて狂言は「かけとり」が私は大好きです。
これは落語でおなじみの演目ですが
狂言にするのもありですね~。
soja2019_1-thumb-570x402-77600

私、最近の歌舞伎の新作モノには
置いていかれてしまっていますが
新作狂言はけっこう好きです。

飼い主より

5月の計画 飼い主編

4月よりは多いかな?

【観劇】
新作Classics「罰」
「壁の中の妖精」
「木の上の軍隊」
「埒もなく汚れなく」
「Taking Spring」
「ご馳走」

飼い主より

観劇「ヒトハミナ、ヒトナミ」

この作家の舞台を観て観たかったのです。
以前、とある小劇場で「逢いにいくの、雨だけど」の
フライアーを観ていたら「この作家面白いよ」と
お隣の席が教えてくれたのです。
残念ながら「逢にいくの~」は観に行かれなくて
そのため今回楽しみにいていました。

stage_79890
介護の場面を舞台にしてさまざまな問題が
てんこ盛りに表出する物語です。
あまりにもたくさんの問題が提示されるけれど
ごちゃごちゃになることもなく
考えさせられながらも実に楽しい舞台だった。

飼い主より

観劇「つながりのレシピ」

主人公は会社を辞めた普通の男。
亡き妻は自宅で手作りパン屋をしていたのだが
ふとしたことで妻のレシピでパンを作ってみることになる。
仕事人間だった男が様々な人々と交流してゆく物語。

stage_80152
配られたプログラムにモデルとなった活動があると
書かれていた。 そこへ取材したからだろうか、
ふわっとした人情物語ではなく、
リアルな人間ドラマだと感じた。

飼い主より

観劇「坂の上の家」

検討中でしたが観に行っちゃえ~と
勢いで予約しちゃいましたが、
私としては当たりでしたね。
stage_78517


4月の計画 飼い主編

今月が少なめですね~。

【観劇】
「つながりのレシピ」
「ヒトハミナ、ヒトナミ」
四月大歌舞伎 「実盛物語」

【チケット手配】
Taking Sides
ボッコちゃん

【検討中】
「坂の上の家」

観劇「九月、東京の路上で」

再演もやっぱり観て良かったです。
stage_80157




観劇「ベッドに縛られて」「ミスターマン」

「ベッドに縛られて」は父と娘の対話?ん~独自?
よくわからない。語られるのは過去の出来事なのか妄想なのか。
「ミスターマン」では青年の狂気?なのか…
宗教体験のない私には、信仰とか啓示とか
神の声がきこえるというのは理解しがたいけれど
主人公の妄想が暴走する様が恐ろしく感じた。
対話が成立し得ない状況のというのが怖いです。

飼い主より

3月の計画 飼い主編

今月は坂東玉三郎の阿古屋琴責を観に行きます!
楽しみ~~。

【観劇】
坂東玉三郎特別公演
三月大歌舞伎「盛綱陣屋」
「ベッドに縛られて」「ミスターマン」
「九月、東京の路上で」

【チケット手配】
「埒もなく汚れもなく」

飼い主より

観劇「花火鳴らそか ひらひら振ろか」

能舞台を意識したようで簡素な舞台セットでした。
松までありました。
また、内向的な主人公の話し相手はヒノキでした。

stage_76371

観劇「遠野物語」

オペラシアターこんにゃく座を
前から観たかったのでようやく実現しました。
stage_78707(2)
この庶民的なオペラはチェロ、フルート、ピアノ、打楽器の
生演奏があるのでなかなかいいですね。
大人数のオーケストラがなくても楽しい!
ソリストの声がもっと力強いともっといいかも。

オペラ大好きなのですがなかなかね~
行かれないのでね~こんにゃく座は
また観に行きたいです。

飼い主より

観劇「拝啓、衆議院議長様」

あの事件を取り上げた演劇なので
どんなものか観に行ってきました。
P25a

ん~これ書いた作家の興味は
犯人のみなのかな~?
事件後のテレビと同じように
被害者の声は聞こえてこない。
舞台に1人登場するものの出てくるだけ。
被害者が匿名で年齢と性別のみの発表だった
それと同じように被害者はいないみたいだ。
期待して観に来たわけでも無いが、
不満が残るものだった。ん~

飼い主より

観劇「野鴨」

雪の予報でやや早めに出発しました。
雪はちらついているものの
道に積もっていないので良かったです。
無名塾の稽古場公演なので
駅から歩くため心配していましたが
安心しました。

thumb-nogamo

稽古場公演のためか上演中は暖房停止するので
寒くなる!との注意がありましたが
暑すぎる劇場より快適でした。

私は演劇初級者なのでイプセン作品も
よく知らないの。読んだだけ。
やはり戯曲は舞台で観ると面白い!
登場人物の中でグレイゲルスがいいのよ。
自分の人生では「理想の要求」を実行せず
冷笑的に父親に接する姿。
欺瞞をあれほど毛嫌いしているのに
欺瞞に満ちていると思うのです。

飼い主より

観劇「Le Père 父 」

父親の視点で物語を体験するため
アルツハイマーの当事者の世界は
こんなにも混迷していて不安定な
恐怖に満ちているのだと感じることができた。
01
混迷の中にいる父親が不安や恐怖を感じるのは
自分の見ている世界を全否定されるためだろう
ある意味妄想を共有しながら各々が自分らしさを
失わずに押さえつけられずに生きる世界を
目指したいと観劇後に考えました。

飼い主より

2月の計画 飼い主編

今月は多い方かしら。

【観劇】
二月大歌舞伎 夜の部
Le Père 父
野鴨
拝啓、衆議院議長様
オペラ遠野物語
大経師昔暦
花火鳴らそか ひらひら振ろか

飼い主より

1月の計画 飼い主編

今月はあまりありません。

【観劇】
初春文楽 壇浦兜軍記阿古屋琴責の段

【コンサート】
木の実ナナコンサート

【チケット手配】
二月文楽公演第二部 大経師昔暦
二月大歌舞伎 夜の部(歌舞伎座)
坂東玉三郎特別公演

【検討中】
正造の石

飼い主より

観劇「ジョルジュ」

こちらも勢いで買ってしまったチケットです。
IMG_20190106_185834

朗読とピアノ演奏ありと面白かったです!


観劇「象の死」

劇場に行った時にチラシをみて
観たい!と思ったので
つい買ってしまったチケットでしたが
観に行って良かったです。
stage_78048


飼い主より
プロフィール

栄光の背番号3

引退後の巨人ファン老人。外傷性くも膜下出血で死にかけた。そのリハビリで球場へ出かけたところおかげさまで元気になり、翌年からは本格参戦し始めた。そんな様子を家族は「ばか犬クン」と名づけて冷笑していた。しかし人間いつ死ぬかわかんというのは皆同じ、中高年家族は全体的に金の使い方が変化してきた・・・
「ばか犬」ブログ、ほかに登場人物は「飼い主」と「世話人」、本人は投稿しない・・・

ギャラリー
  • 観劇「2.8次元」
  • 観劇「wakasagi-ワカサギー」
  • 観劇「ボッコちゃん」
  • 観劇「獣の柱」
  • 観劇「ご馳走」
  • 観劇「Taking Sides」
  • 観劇「山の声」
  • 観劇「埒もなく汚れなく」
  • 観劇「木の上の軍隊」
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ