父親の視点で物語を体験するため
アルツハイマーの当事者の世界は
こんなにも混迷していて不安定な
恐怖に満ちているのだと感じることができた。
01
混迷の中にいる父親が不安や恐怖を感じるのは
自分の見ている世界を全否定されるためだろう
ある意味妄想を共有しながら各々が自分らしさを
失わずに押さえつけられずに生きる世界を
目指したいと観劇後に考えました。

飼い主より