「チラシ」を見て「あっこれは観に行きたい!」と、

ちょっと衝動的にチケットを予約して

観に行って来ました。

「観たい!」と思ったポイントは魅力的な役者かな?

翻訳劇ってイギリス人を演じたりして

無理がある?トコロもあるけれど

イイ役者がやるとなんだかそれらしく観えてくるのよね〜。

今回は特にジョージ役がやっぱり良かったです。

几帳面な公務員という役どころなのですが、

なんだかその人物そのものにみ見えちゃって、

ルイーズに振り回される姿が

実に健気?で滑稽でした。