今日は、能楽鑑賞に行って来ました。

狂言で野村万作を久しぶりに観られて

大満足でした。お元気なうちにまた観たいわ~

 

今回の聴衆は女性が多いように感じました。

いつもは男性の方が多いんですよ。

ふつう観劇などは圧倒的に女性が多数派なのですが

能楽が男性が多数派のようなのです。

 

これはあくまでも私の勝手な推測ですが

野村萬斎ファンのおねえさんが多かったのでは?

と思ったのでした。

 

能「松虫」は虫の音にひかれて空しくなった

友人を思う男の悲しみの物語でした。

友人を失った男が霊として現れるのですが

男の友情をえがいた能なのですね。