今回は研修修了生の発表会を観に行ってきました。

というワケで若手能楽師だったりしますので

狂言「地蔵舞」、そんなに笑えなかったりもしました。

まあね。これからの方々ですから。。。

舞囃子「雲雀山」では、シテと小鼓が女性でしたが、

おっ?と思ったのは、はじめだけで

違和感もなく、特にシテの声は素敵でしたよ。

歌舞伎は女性はできないけれど、能楽師はありなんですね。