歌舞伎を観たその後で、午後4時からは

文楽鑑賞でございます。

我ながらこのスケジュールは

よく観るね~とは思いますよ。

でも、観て良かった

文楽 とーっても素晴らしかったです。

歌舞伎でもおなじみの「女殺油地獄」

油屋での場面は迫力ありましたね~。人形なのに。

「鳴響安宅新関」は歌舞伎の勧進帳そのままに

うっとりと観ているうちに弁慶が団十郎さんに見えてしまう。

どうやら私は文楽がかなり好きらしいです。