本日コンサートに行ってきました。

はじめてインバル指揮のコンサートです。

曲目はブラームスの交響曲2番と4番です。

 

舞台に登場して、すぐにオーケストラの方を向いて

演奏開始。オーケストラは都響。

のりのりの演奏だったと感じましたね。

かなり盛り上がったものだから

休憩前にコンサート終わっちゃうの?ってくらいの

大きな拍手でしたよ。

 

で、休憩後に4番を演奏。ん~好みの曲目とはいえ

これは指揮者との波長が合うからだと思います。

いつだったか同じブラームスの交響曲なのに

頭が痛くなるようなコンサートもあったし。。。

曲目とともに指揮者選びってのも大事ですね。

 

コンサート大いに盛り上がったのですが、

ちょっと気になったのは演奏後にさっさと帰る人々の多さ。

別に退席するのは自由ですよ。演奏終わってますからね。

でも、演奏後に演奏者たちへ「よかったよね~」という気持ちをこめて

拍手するっていい習慣だと私は思うんですけど。

同じ空間で音楽聴いて「素晴らしかった!」って気持ちを

演奏者と共有できる時がこの時なんだもん。

と私は思うのでした。