読み始めたらとまらない。
松本清張の本はいつもそうです。