弟子が語るという方法で円朝と縁のある女たちのお話。

語り口がなかなかいいので、読むというより聴くように
読みすすめた本でした。