この作家の作品を読むのは初めて。
どんどん読める文章で、本の厚さは気になりません。

主人公の口を借りて、時々著者がしゃべりだす、そんな印象。
やや説教口調になりそうな。。。

さて下巻も読まなくちゃね。