さて、塩野七生著の「ローマ人の物語」
ちょこちょこと読みすすめています。

悪名高き皇帝といえば、もっとも有名かな?と
思われるネロの登場です。

皇帝も野心的な母をもつと大変ねぇ~と。。。
そんな感想なのでした。