飼い主さんに連れられた世話人
初めての能楽鑑賞
20140409kokuritsu-nougakudou

まったく勝手はわかんが
空気は読める、、、気がする、、、
拍手するような空気ではないのだが、、、
みなさんどうしても拍手したいらしい
いかがなもんなのでしょうか

好みです

(世話人)


世話人を誘った飼い主も
能は初めてです!
世話人が歌舞伎の所作事が好みだというので
きっと狂言や能は好きなのではと思ったので
観てみなきゃ好みかどうかはワカリマセンからね。

狂言「泣尼」大蔵流

説法をききながら、ぐっすり尼が寝ちゃうのですが
その舞台を観ている観衆のかなにも熟睡者がいたりして。。。
そんなトコロも面白いかもね。

能「屋島」観世流

源平合戦のあった屋島に来た僧たちが
漁翁の家に泊めてもらい
合戦の物語を主にきいたら
翁は義経の霊だったという物語

弓流し 那須と有名なエピソードが語られるので
観ていて話の筋はよくわかりました。

飼い主も能ははじめてなので
シテ ワキ ツレ などは知っていても
アイは知らなかったので
能に狂言師もでるコトさえ知りませんでした。

鼓好きなので、あの距離感で演奏が聴けるのは
かなりイイです。
そして、緊迫感がなんともたまりませんね。

不思議なのは、すべての出演者がさーっと舞台に現れて
演じ終えると、何もなかったかのように
すーっと去っていくのが。。。人ならぬモノのようでした。


飼い主より