ばか犬クンの野球観戦日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

2019年05月

観劇「ご馳走」

面白かったけれど…。
ん~どうだろう。
gochiso-flyer-omte

飼い主より

観劇「Taking Sides」

「偉大なる指揮者フルトヴェングラーはナチスの協力者なのか?」
という戦争裁判を題材にした舞台です。
105-1a

飼い主より

観劇「山の声」

「埒もなく~」を観てチケット買っちゃた!
で観に行って良かったかな。
yama_top_488

独りで登山するとさびしくて、グループで山登りしている
人たちに混じりたくなるけれど、仲間にはなれない。
この感じ?誰もが体験する葛藤ですね。

飼い主より

観劇「埒もなく汚れなく」

劇作家の創作ってどんな感じかな?なんて
そんな興味から観に行った舞台でした。
rachi_top_488

終演後には「山の声」を観たいと思ってしまった。
うーん、すっかりワナにはまった感じ?でした。

飼い主より

観劇「木の上の軍隊」

普天間かおりさんを観たくってね。
stage_80580
私、こまつ座のファンでは
なかったのですけれど。
初めてのこまつ座わりと好きかも?

飼い主より

観劇「壁の中の妖精」

一人ミュージカルを初めて観ました
stage_80370

長年上演されているだけに
練り上げられている素晴らしい舞台でした。

飼い主より

観劇 新作CLASSICS「罰」

悪夢の?十連休の最終日は狂言でした。
他に外出はなく自宅待機でした。

さて狂言は「かけとり」が私は大好きです。
これは落語でおなじみの演目ですが
狂言にするのもありですね~。
soja2019_1-thumb-570x402-77600

私、最近の歌舞伎の新作モノには
置いていかれてしまっていますが
新作狂言はけっこう好きです。

飼い主より

5月の計画 飼い主編

4月よりは多いかな?

【観劇】
新作Classics「罰」
「壁の中の妖精」
「木の上の軍隊」
「埒もなく汚れなく」
「Taking Spring」
「ご馳走」

飼い主より

プロフィール

栄光の背番号3

引退後の巨人ファン老人。外傷性くも膜下出血で死にかけた。そのリハビリで球場へ出かけたところおかげさまで元気になり、翌年からは本格参戦し始めた。そんな様子を家族は「ばか犬クン」と名づけて冷笑していた。しかし人間いつ死ぬかわかんというのは皆同じ、中高年家族は全体的に金の使い方が変化してきた・・・
「ばか犬」ブログ、ほかに登場人物は「飼い主」と「世話人」、本人は投稿しない・・・

ギャラリー
  • 観劇「ご馳走」
  • 観劇「Taking Sides」
  • 観劇「山の声」
  • 観劇「埒もなく汚れなく」
  • 観劇「木の上の軍隊」
  • 観劇「壁の中の妖精」
  • 観劇 新作CLASSICS「罰」
  • 四月大歌舞伎「実盛物語」
  • 観劇「ヒトハミナ、ヒトナミ」
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ