ばか犬クンの野球観戦日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

2019年04月

四月大歌舞伎「実盛物語」

「御存鈴ヶ森」もね~吉右衛門観たいなあと思いつつ
なにをおいても仁左右衛門の「実盛物語」を観て来ました!

stage_80405
文楽で観たときに好きになった演目ですが
今までは歌舞伎で観る私は面白みが少なく感じるのですが
やはり仁左右衛門さんだからでしょうか面白いのですよ。
いや~歌舞伎ではやっぱり仁左右衛門さんは見逃せません!

飼い主より

観劇「ヒトハミナ、ヒトナミ」

この作家の舞台を観て観たかったのです。
以前、とある小劇場で「逢いにいくの、雨だけど」の
フライアーを観ていたら「この作家面白いよ」と
お隣の席が教えてくれたのです。
残念ながら「逢にいくの~」は観に行かれなくて
そのため今回楽しみにいていました。

stage_79890
介護の場面を舞台にしてさまざまな問題が
てんこ盛りに表出する物語です。
あまりにもたくさんの問題が提示されるけれど
ごちゃごちゃになることもなく
考えさせられながらも実に楽しい舞台だった。

飼い主より

観劇「つながりのレシピ」

主人公は会社を辞めた普通の男。
亡き妻は自宅で手作りパン屋をしていたのだが
ふとしたことで妻のレシピでパンを作ってみることになる。
仕事人間だった男が様々な人々と交流してゆく物語。

stage_80152
配られたプログラムにモデルとなった活動があると
書かれていた。 そこへ取材したからだろうか、
ふわっとした人情物語ではなく、
リアルな人間ドラマだと感じた。

飼い主より

観劇「坂の上の家」

検討中でしたが観に行っちゃえ~と
勢いで予約しちゃいましたが、
私としては当たりでしたね。
stage_78517


4月の計画 飼い主編

今月が少なめですね~。

【観劇】
「つながりのレシピ」
「ヒトハミナ、ヒトナミ」
四月大歌舞伎 「実盛物語」

【チケット手配】
Taking Sides
ボッコちゃん

【検討中】
「坂の上の家」

プロフィール

栄光の背番号3

引退後の巨人ファン老人。外傷性くも膜下出血で死にかけた。そのリハビリで球場へ出かけたところおかげさまで元気になり、翌年からは本格参戦し始めた。そんな様子を家族は「ばか犬クン」と名づけて冷笑していた。しかし人間いつ死ぬかわかんというのは皆同じ、中高年家族は全体的に金の使い方が変化してきた・・・
「ばか犬」ブログ、ほかに登場人物は「飼い主」と「世話人」、本人は投稿しない・・・

ギャラリー
  • 観劇「帽子と預言者」「鳥が鳴き止む時」
  • 二月大歌舞伎 昼の部 菅原伝授手習鑑
  • 二月文楽公演 第二部「新版歌祭文」「傾城反魂香」
  • 二月大歌舞伎「八陣守護城」「羽衣」
  • 観劇「沖縄世」
  • 十二月大歌舞伎「保名」
  • シェイクスピアの言葉を泳ぐ
  • 観劇「泰山木の木の下で」
  • 観劇「こまかいのの貸し借り」
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ