ばか犬クンの野球観戦日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

2013年02月

映画「愛について、ある土曜日の面会室」

仕事帰りに映画館へ寄ってみました。

こういう寄り道もたまにはイイものです。

 

観たのはフランス映画かな?

「愛について、ある土曜日の面会室」

この映画で描かれている後、どうなるのかな~と

思わせてくれる映画はわりと好きですね。私は。。。

対阪神練習試合

沖縄キャンプは
那覇の沖縄セルラースタジアムで行われている
2/20は阪神タイガースとの練習試合
世話人も行ってみた

どうやら阪神タイガースファンというのは、やっぱり「違う」ね
ビジターの練習試合で鳴り物入りの応援だもんね
タイガースの攻撃以外のときは球場全体みんな静かに観戦よ
黄色い人たち!大阪からも来ているのでしょうか?

hanshin

(世話人 記)

初LCCで沖縄へ

初めて「LCC」エアアジアを利用した

airasia04

成田1540発那覇行の便 
例によってLCCの特徴の遅れ、でもたしか40分くらい

那覇空港では、貨物ターミナルに到着した
こちらはタラップから歩いてターミナルビルへ
ここから旅客ターミナルまではシャトルバスで10分程移動する
まぁ、ピストン輸送してくれるので急がなければいいのだけど
荷物をたくさん持っていたので少々やっかいでした
ここでは荷物を受け取ってからシャトルバスに乗るのぉ、イメージ 4びっくり~
これは改善して欲しい点かなぁ~荷物は移動後にね
だっからよぉ~ ピーチも同じ方式みたいでした
レンタカーだと貨物ターミナルまで入れるのでいいみたいよ(?)

airasia05

(世話人 記)

巨人軍2013春季沖縄那覇キャンプへ

犬クンのリハビリを兼ねて?
暖かい沖縄に再びやってきた

世話人同行
人生2度目!
約1ヶ月振り今年2度目!

(世話人 記)

日生劇場 二月大歌舞伎

歌舞伎に誘われた
飼い主さんに 飼い主さんは観劇得意でハマっているみたい
世話人はとくに興味ない
歌舞伎は・・・たしか、ずーっとむかしむかしに招待券か何かもらって
国立劇場での「歌舞伎入門」のような舞台を観た記憶がある
それ以来だから事実上はじめて

国際音楽祭NIPPON2013『音楽祭ファイナル!諏訪内、初のアンサンブル・コンサート』

飼い主さんに連れて行かれた
諏訪内晶子さんのコンサートへ

[出演]
    諏訪内晶子(Vn)、ピーター・ウィスぺルウェイ(Vc)、江口玲(Pf)
[曲目]
    ブラームス:ピアノ・トリオ第1番 ロ長調 作品8
    ラヴェル:ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
    メンデルスゾーン:ピアノ・トリオ第1番 二短調 作品49

(世話人 記)

チェロ奏者が素晴らしい!

コンサートに行ってきました。

よく知らなかったけれど音楽祭の最終日らしい。。。

おそらく今年から始まった音楽祭?かな~と思うんですけど

分かりません。。。

 

ピアノ ヴァイオリン チェロの三重奏曲

素晴らしかった~。

特にチェロ奏者が素晴らしい! 

写真展「ただ、自分らしく」

新聞の記事をみて思い立って行ってみた写真展。

2月9日の土曜日からということで初日でしたので

賑やかでしたよ~

 

場所は日本橋駅からすぐです。

皆が「自分らしく」を大切にする

そんな社会ってイイなあ。

是非おすすめです!

 

↓詳細はコチラ

NPO法人マイフェイス・マイスタイル

c973c4400c190dce5a8654d2aa4ab9c0

映画「大丈夫。」

またまた観てしまった。私は好きな映画です。

 

そしてなによりの良かったことは。。。

映画上映後に前回もらえなかった

本にサインをいただいたこと。

 

ラジオで紹介されていた映画を観に行ったことから

はじまった「縁」ですが、

こうして映画に登場した医師に実際会う機会が

巡ってくるなんて思ってもみませんでしたね~

映画「風のかたち ドクター編」

日比谷の図書館でドキュメンタリー映画を上映しています。

というワケで時々見に行っています。

 

数年前に映画館で観た映画「風のかたち」のドクター編。

登場するのは主に3人の医師。

こういう医師がいるって素晴らしいなあと

思える映画でした。

 

午前中に映画上映。

午後の部はこの映画に登場する医師の一人による

トークイベントがありましたので、こちらも参加!

 

残念なことに本にサインいただく予定が

本を忘れてしまった。

プロフィール

栄光の背番号3

引退後の巨人ファン老人。外傷性くも膜下出血で死にかけた。そのリハビリで球場へ出かけたところおかげさまで元気になり、翌年からは本格参戦し始めた。そんな様子を家族は「ばか犬クン」と名づけて冷笑していた。しかし人間いつ死ぬかわかんというのは皆同じ、中高年家族は全体的に金の使い方が変化してきた・・・
「ばか犬」ブログ、ほかに登場人物は「飼い主」と「世話人」、本人は投稿しない・・・

ギャラリー
  • 観劇「木の上の軍隊」
  • 観劇「壁の中の妖精」
  • 観劇 新作CLASSICS「罰」
  • 四月大歌舞伎「実盛物語」
  • 観劇「ヒトハミナ、ヒトナミ」
  • 観劇「つながりのレシピ」
  • 観劇「坂の上の家」
  • 観劇「九月、東京の路上で」
  • 大倉山ドキュメンタリー映画祭
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ