ばか犬クンの野球観戦日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

2011年06月

「緊急地震速報」

3月の大地震以降たびたび「緊急地震速報」をラジオなど聴くことがあります。

いまだにあの音にはドキッとしてコワイです。

朝、出勤時にラジオから聞こえてきたときには。。。

しばらく無かっただけに怖かったですね~。

ラジオから「長野県で地震」などと聞こえてきて

福島ではないのが、あちこちで地震があるなあと感じましたね。

マルコス・アギニス著「天啓を受けた者ども」

この本にも引き込まれました。
ほじまりの場面は大学の教室。
講義を聴く学生が気になる教師の視点でしたが、
読みすすむにつれて。。。

登場する「天啓を受けた者ども」の考え方に背筋の寒くなりました。
極端な非寛容。意見が違う者への敵意。
そうかこういう風に考えるのかと。。。

またアルゼンチンの歴史をほとんど知らない自分が恥ずかしかった。
ポエニ戦役を歴史の授業で勉強するのも大事だけれど
20世紀の歴史も知らなくてはね。。。

軍事政権下のことや行方不明者の話などは、
ほんの少し 聴いたことがある程度だもの。
ちゃんとした知識 私にはないなあと思いました。

待ちに待ったコンサート!

6月15日はお楽しみのコンサートです!るんるん
このコンサートは「探偵ナイトスクープ」をTVKでみていて
「五嶋みどりが横浜に来る!」というCMを見たから知ったのです。

え~こりゃ行きたいと思ったものの、
3月に東北地方太平沖地震が発生し、いろんな公演が中止に。げっそり
私の行くはずだった歌舞伎も結局中止。

そんなこんなで数ヶ月先のコンサートの為、
中止になるかもしれないと思いギリギリまでチケットを買えなかった。がまん顔

でも、12日の福島でのコンサートも無事に開催されたようでした。
私が行ったのは横浜のコンサートです。
もっと早くチケット買っていたら3階席ではなかったかも。
でも、3階とはいえ正面ブロックだもんね。ウインク

1曲目のモーツァルト軽やかで素敵。
どことなくバッハっぽいところがあるのも面白い。
2曲目でちょっとビックリ!
私がチケット買った時にわかっていた曲目は
モーツァルトとベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタだったの。
嬉しい想定外の2曲目はブラームス!目がハート
とっても素敵な曲で出だしからもう素晴らしかった。
どうしてだか目がうるんでしまって。。。
生演奏を聴くと幸せを感じます。うまい!

仕事が嫌になったり、忙しくて慌ただしいのがたまらない時
こうして月に1日でも好きなことを楽しむのが必要なの。
そーでもしないと、仕事なんてやる気でないもんね。もうやだ~(悲しい顔)

だから、コンサートで幸せ感じて、深呼吸する。揺れるハート
そうすると特別な酸素が鼻から肺にいき
体中の血管をかけめぐって、元気が出るの!

また、機会があったら彼女のコンサートに行きたいわ。ムード

スティーグ・ラーソン著「ミレニアム2上下」

ミレニアム1も面白かったけれど2もかなり面白いです。

1は失踪事件の謎解きでしたが、

でもこの本の本道はそういう

謎解きミステリーだけじゃない気がします。

暴力や差別への憤怒。拝金主義への軽蔑とか。。。

そういうものを感じますね。これは著者の想いなのかも。

プロフィール

栄光の背番号3

引退後の巨人ファン老人。外傷性くも膜下出血で死にかけた。そのリハビリで球場へ出かけたところおかげさまで元気になり、翌年からは本格参戦し始めた。そんな様子を家族は「ばか犬クン」と名づけて冷笑していた。しかし人間いつ死ぬかわかんというのは皆同じ、中高年家族は全体的に金の使い方が変化してきた・・・
「ばか犬」ブログ、ほかに登場人物は「飼い主」と「世話人」、本人は投稿しない・・・

ギャラリー
  • 観劇「坂の上の家」
  • 観劇「九月、東京の路上で」
  • 大倉山ドキュメンタリー映画祭
  • 一幕見席で観る「盛綱陣屋」
  • 南座新開場記念 坂東玉三郎特別公演
  • 観劇「花火鳴らそか ひらひら振ろか」
  • 2月文楽公演 第二部「大経師昔暦」
  • 観劇「遠野物語」
  • 観劇「拝啓、衆議院議長様」
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ