ばか犬クンの野球観戦日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

2011年04月

松井 今朝子著「円朝の女」

弟子が語るという方法で円朝と縁のある女たちのお話。

語り口がなかなかいいので、読むというより聴くように
読みすすめた本でした。

松本清張著「小説帝銀事件」

読み始めたらとまらない。
松本清張の本はいつもそうです。

阿部 了(写真), 阿部 直美(文)「おべんとうの時間」

地震の後、テレビで何度も目にする恐ろしい津波の映像。
あの恐怖の映像を目にすることによって心が沈んでいた時
この本のこの表紙になんだかほっとしました。

そして本を開きおべんとうの写真とその持ち主の写真
そして、おべんとうを、幸せそうにほおばる写真。
しずんだココロを暖めてくれた本です。
プロフィール

栄光の背番号3

引退後の巨人ファン老人。外傷性くも膜下出血で死にかけた。そのリハビリで球場へ出かけたところおかげさまで元気になり、翌年からは本格参戦し始めた。そんな様子を家族は「ばか犬クン」と名づけて冷笑していた。しかし人間いつ死ぬかわかんというのは皆同じ、中高年家族は全体的に金の使い方が変化してきた・・・
「ばか犬」ブログ、ほかに登場人物は「飼い主」と「世話人」、本人は投稿しない・・・

ギャラリー
  • 観劇「2.8次元」
  • 観劇「wakasagi-ワカサギー」
  • 観劇「ボッコちゃん」
  • 観劇「獣の柱」
  • 観劇「ご馳走」
  • 観劇「Taking Sides」
  • 観劇「山の声」
  • 観劇「埒もなく汚れなく」
  • 観劇「木の上の軍隊」
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ