久しぶりにコンサートに行ってきました。
なんとなくフンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」前奏曲を聞いてみたかったのですけど。。。
ん~フンパーディンクは私の好みじゃないかも。。。

でも交響詩「死と変容」は良かったので、仕事での嫌な気分が吹っ飛びました。

しかし、今回のコンサートでびっくりしたのが、居眠りする人が私の席の近くに
なんと3人もいたコトです。そんなに眠気誘う曲だったかな???

まず2曲目でお隣夫婦がコックリコックリとしてました。
曲終了して拍手喝采してました。よく寝れたお礼?

そして、休憩挟んで3曲目の「死と変容」は、けっこードキドキする曲なのですが、
斜め前の男性がコックリコックリ。おかげさまでコンサートマスターが見えましたけど。

というワケで、コンサートってけっこう居眠りしている人多いのかもね。