ばか犬クンの野球観戦日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

テレビ観戦をやめて球場へ/飼い主・世話人、家族の日記

2007年09月

病院へ行ってきました。

今までに無い足のむくみが26日からつづき、内臓疾患ではないか?と
かなり心配になって、大き目の病院へ行ってきました。

大きな病院なので保険外併用療養費2100円は自己負担。
主治医がいないってツライなぁ~。

さて、足のむくみとあって医者もまじめに診察してくれない。
それでは困るので、今まで経験したことの無い「むくみ」と説明したら、
ようやくまじめに診察する気になったのか、リンパの腫れはないか触診した。
たいしたむくみでなかったら、私だって内臓疾患を心配しないさ。

採血と採尿し、検査結果は異常はなかった。気休めの利尿剤の処方だけ。
私は採血して、貧血になり病院に行って体調不良になってしまった。

処方された薬を飲まずとも、足のむくみは今日は無く、心配することは無かったようだ。
かえって病院で貧血になるし、そのため一日寝て過ごすことになってしまった。

もし、月曜日からまたむくみが出るようなら、これって仕事のストレスってこと??
むくみませんよーに!

ゾウの足になる!

こんなに足がむくんだのは初めてです!

まるでゾウの足のように足首が無くなり、足の重さで歩きにくい。
自宅にて、むくんだ足の水分を上に押し上げるマッサージ器を使ってみる。
一定の効果はありましたが。。。なんなんだろう、急にこんな足になって?!

なにか悪い病気だろうか??

寝台特急で家族旅行 その8

朝7時頃上野到着。駅の喧騒に現実に引戻されぐったり。。。
場違い?周りの通勤途上の人々とは違う私達。なじんでないねぇ~。

いままで、ラッシュアワーから遠い秋田にいたから、なんとも居心地悪い。

帰宅して、さらに明日から仕事という現実が迫ってくる。

憂鬱だ!このままではダメだぁ~。

寝台特急で家族旅行 その7

本日は列車の旅。名残惜しい黒湯温泉を後にして、秋田駅到着。
「リゾートしらかみ」なる列車に乗ることに...。

なんだか知らないが、ツアー団体客おばさま&おじさまの宴会列車です。
荒々しい日本海沿岸の車窓風景のところでは、徐行運転までするという...
まさに観光列車でした。列車好きではないので、あまり面白みが無かったね。

団体さんと同じく十二湖駅で下車。
駅からバスで青池駐車場まで行き、そこからあちこち湖めぐりです。

わかりにくい絵地図を頼りに、まず「青池」に行く。
インクの青のように青いですねー。団体さんはココをみて帰るようです。
私達は湖をめぐりつつ、駅方面へ歩くことにしました。

青池沸壷の池落口の池
ココで一休みして、湧き水で温かい紅茶を飲みました。日本の水の豊富さに感謝です。

さて、再出発!
中の池越口の池王池二ツ目の池八景の池

日暮橋あたりのバス停でバスを待つことにしました。
待ち時間は、日本キャニオンとかいうものの撮影ポイントだったので、写真撮影。

バスで十二湖駅に着くと、また乗ってきた観光列車に乗りました。
ラウンジがある列車でしたが、占拠されていました。残念ね。
夕暮れ時になると写真撮影のために回りは賑やかになり、
なんと写真の撮り方指導のオヤジも登場しました。
若い姉ちゃんに教えられて、オヤジさんも楽しそうよ。微笑ましいねぇ~。

ようやく秋田駅に到着。多くの人々は新幹線へ乗り換えですが、
私達は、まず駅前にて夕食です。おいしい稲庭うどんをいただきました。
そして、いろいろ買い物を済ませて、帰りも寝台です。うふっ

父には、よーく注意事項を何度も言い聞かせました。
もう騒動は起こさないようにね!
後は寝て起きればもう、そこは上野駅。なんだか帰りたくないですね。

寝台特急で家族旅行 その6

いよいよ本日、黒湯温泉出発です。
名残惜しいですねー。私の肌もかなり回復しました。

朝食後に内湯に入りに行くと、若いお姉さんが2人先客さんでした。
私が入ると押し黙りってしまい、なんだか私邪魔者?
さっきまで楽しげにお話してたのにね...逃げるように出て行こうと。。。
とっそこで「あっ私タオル忘れた」「あっ私も」と騒ぎ出した。

おいおいタオルは必要でしょうに...。と、1人は脱衣所には持ってきたらしい。
残り1人は脱衣所にも持ってこないなんて、なぜ?何故?
なんと2人で1枚のタオルを仲良く使ってました。

2人が出て行った後、出しっぱなしだった水を止めて、もしや昨日の犯人は?
などと思ったりしていたら、また2人組が入ってきました。
この2人も湯船が熱くて入れないと騒ぎ出しました。「昨日より熱い気がする」と大騒ぎ。
気のせいではありません!昨日はすごーくぬるくって大変だったもの。
水でうめられるけど、、、。ん~。
また出しっぱなしにされたら、後の人が困るだろうしと思い、教えなかった私。
サッサと出たけど、もしや昨日の犯人はこの人達では?と思ったり...。

いやーそれにしても、温泉入りに行ってタオル忘れた人は初めて見たよ。

寝台特急で家族旅行 その5

本日の汗を流しに内湯へ直行。

先客1名いらっしゃいました。身体を洗ってから湯船へ。
あれっ?昨日よりだいぶぬるいなぁ~などと思っていたら...。
先客のおばさまが「ぬるくありません?」と話し掛けてきました。
私も昨日よりだいぶぬるいと感じていたので、そのまま言うと、
どうやら彼女が入ってきた時には、湯船にそそぐ水の蛇口から水が出っ放しだったそうだ。
出る時に水を止めなかったヒドイ人がいたのです!!

水が出っ放しになっていたため、湯船は水風呂同然だったそうで、大変だったとか。
思わず「もったいない」ともらした私の一言に彼女も同感してくれたのでした。

この先客さんは、山歩きの好きな方で、
夫と二人で岩手方面から9時間かけて歩いてきたという
かなりの上級レベルの方のようでした。

いつまでたっても温まらないので、彼女は諦めて出ていってしまいました。
私もあたたまらない身体で内湯を出て、その足で露天風呂へ行きました。
女性専用の方は遠いので、混浴の方へいったらば、こちらも先客4名。

湯船はあたたかく、身体も温まります。
沈んでしまえば白濁湯なので、ゆったりできます。
目の前にいる男女がビール飲みながら話していて、なんだか雰囲気悪い。

雰囲気悪いし、身体も温まったので、私はサッサと出たのでした。

寝台特急で家族旅行 その5

寝不足のため不機嫌に起床。
本日は乳頭山に登るので、朝ご飯はしっかり食べました。

本日はいい天気!山登りには眺望も楽しめる最適な日です。

宿を10時頃出発し、木漏れ日の中を歩くのは実に気持ちのいいものです。
あまりにゆっくりペースだったので、頂上に到着したのは昼過ぎ頃でした。

トンボやバッタがたくさんいましたねぇ~。
頂上付近にはツバメがたっくさん飛んでいました。
天気が良く、下の方まで見えたので…かなり怖かったです。
カメラからのぞくと大丈夫だったりするのですが、今回ばかりは怖くて…。

しばらく休んで下山です。
登った道を降りるのはつまらないので、蟹場方面へ行きます。
なだらかな下りを想定していたのですが、はじめはかなり荒れた道。
泥で靴はすべるし…このまま続くと私のヒザも心配でした。
しばらく行くと平坦な道になりました。これで安心。

ゆっくりペースの父の後ろで、ちょっとイライラしながら下山したのでした。

下山したところに無料の足湯があり、足を入れようとしたら…熱っ
宿に帰って温泉を楽しむことにしました。

寝台特急で家族旅行 その4

夕食後、食休みしてたら日本酒が効いたのか寝込んでしまった。
10時頃、内湯に温まりに行くと、また独り占め。
ホカホカになって、部屋に戻って就寝。

2時半頃、父兄の強烈なイビキでたまりきれず起きる。
せっかく起きたので外湯へ行きます。
女湯外湯も女性専用露天風呂も独り占め。だって草木も眠る丑三つ時よ!!
夜空には星は見えず、生憎のくもりのようです。残念でした。

脱衣所で着物を着てると露天風呂方向から視線を感じみてみると…
目の端に女性の影のような白いものが、さっと見えた気がしました。
なんだか湯冷めしたというか、心から冷えちゃったので、混浴露天風呂にも行くことに。

こちらも独り占め。さっきのは気のせいでしょう。
温まってホカホカの身体で部屋に戻りました。部屋はやっぱりうるさい…。

朝まで、うとうとしてはイビキで起きることを繰り返し、あまり良く眠れなかったのでした。

寝台特急で家族旅行 その2

朝7時頃に秋田駅到着し下車。生憎の雨です。
秋田駒ケ岳方面に行く予定を延期し、男鹿線に乗り男鹿駅へ。
切符のフリー区間なので乗り降り自由なのです。

男鹿は漁港かな?と思って下車。しばらく駅周辺を歩きました。
しかし。。。漁港って雰囲気じゃないみたい。
駅へ戻る途中の酒屋で「高清水」を購入しました。
天気も回復してきたので、いよいよ山方面へ!

男鹿駅秋田駅田沢湖駅へ。
そして、バス「駒ケ岳八合目行」に乗り、いよいよです。
家族旅行ですから登山口から登らないのは当然でしょ。私、体力そんなに無いしね。


さて、天気は曇り&小雨。私はカッパを着て歩きます。
次第に雨もやみ、くもり。歩くと暑くなるので、カッパの上着は脱いで歩きました。
宿到着時間もあり、また父もいるので途中で引き返してきたのが、ちょっと残念。
帰りもバス。待ち時間に暖かい紅茶を山の水で飲んみ、本日のかるい運動終了。

帰りのバスで私は車酔い…。山道下りはキツイ。
バス停から温泉宿まで歩く予定でしたが、車で迎えにきてもらうことに…。
しかし、車に酔った私には、その車さえもキツイ!!!

最悪の事態になる前に、なんとか宿に到着できたのでした。

寝台特急で家族旅行 その3

本日の宿、黒湯温泉に到着。
車で来れちゃいますが、ココも一応「秘湯」だそうです。

湯治の宿の簡素な雰囲気の部屋が好印象。
素朴な従業員の方々も好印象です。
この地方の方言がのんびりした印象を与えてくれるのかもしれません。

<ココがいいぞ黒湯温泉>
まず、部屋にテレビが無いのがいいです。
そして、携帯電話が圏外になるのがイイ!
なんといっても、湯量が豊富で私の肌にいい!!

混浴露天風呂が雑誌などでよく取り上げられるようで、有名らしいです。
その他に内湯と外湯があり、女性専用の露天風呂もあります。

まずは内湯で汗を洗い流し、髪もキレイにしました。
ちょうど夕食時間帯だったのか、ひとり占めできました。

寝台特急で家族旅行 その1

寝台特急「あけぼの」で秋田の旅に出発です!!
私は寝台好きなのです。なぜか良く眠れるし、旅した感じがするので。

というワケで、金曜日はサッサと定時退社して、旅準備。
そして、上野駅から寝台特急にて出発!!
ひとしきり盛り上がった後、眠りについたのでした。

なんと夜中の3時にけたたましいサイレンで目がさめました。
どこかの迷惑な奴がトイレに起きた帰り、自分の個室が分からなくなり非常ベルを鳴らしたらしい。
まったく迷惑な。。。と思っていたら、その迷惑な奴は我が父。

旅行をすると必ず問題を起こす父なのでした。
父に個室の場所を教えたものの、自分で施錠した番号を忘れ扉は開かず。
車掌さんに開けてもらい、なんとか解決しました。

そして、翌朝には迷惑オヤジとして有名になってしまったのは言うまでも無いのでした。

別所温泉に行ってきました

温泉家族旅行してきました。

はじめての別所温泉。私の肌にはあまり合わなかったようで。。。
ちょっとヒリヒリしちゃったけど、ゆっくりしてきました。

といっても、ちょいと歩いたりしてきましたけど。
ちょっとウォーキングね。
シャトルバス乗ったり、別所線乗ったりと散歩を楽しみました。
ちょっと道に迷ったりもしましたが。。。

別所線はイメージソング?テーマソング?のようなものがあり、
駅で歌が流れていました。。。

あの辺りが信州の鎌倉というのは知りませんでした。
プロフィール
ギャラリー
  • 元日の朝食。
  • さよなら石垣島。
  • さよなら石垣島。
  • 小浜島でお散歩。
  • 小浜島でお散歩。
  • 小浜島でお散歩。
  • 小浜島でお散歩。
  • 石垣島で有名人にあう!
  • 石垣島到着!
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ