台風が心配でしたが歌舞伎座へ行きました。
歌舞伎座に入って十八世の写真もあるので、
まだちょっぴりかなしいな~。

「菅原伝授手習鑑 寺子屋」では、
玉三郎と七之助に注目していました。
今年の納涼歌舞伎で、すっかり「七之助いいわ!」と
思っちゃったのですよ。
急にどうしちゃったんでしょうねぇ私。

「道行初音旅 吉野山」では梅玉の舞踊にうっとり。
いいですよね~。

「鰯賣戀曳網」は人気演目のようで
いちだんと「かけ声」が多かったですね~。
すぐ後ろの席の男性のかけ声は。。。近いのでね~。
ちょっとね、うるさかったというのが率直な感想です。

まあ仕方がないのよね。人気役者ですからね。
でもね、あえて「かけ声」をかけない私の希望は
自分だけでなく、ひいきの役者も聴衆みんなも
「今のかけ声、気持ちいいね!」と思えるのがいいですよね。

難しいかな~今どきは、人との関わりも希薄でから
餅つきも息を合わせてできない人もいるようですからね。

さて、気になる帰りは、交通機関も乱れず
大雨暴風にもあわずに、無事に帰宅できました。

飼い主より